カテゴリー

お客さんが倒産してました(汗)

久しぶりです。お客さんが倒産していました。

売掛金なかったので、通知は来ませんでした。たった一度のお取引で支払済でしたので、セーフ!!でしたね。怖い怖い。預かっているものたくさんあるのですが、どうして良いか分かりません。

お客さんが倒産して支払いできない場合は、いきなり弁護士さんから通知が来ます。ファックスか郵便で。過去に3回ほど経験あります。そのうち2件は数万円でしたので、あ、仕方ないですみましたが、1件は結構大きい金額でした。

その会社は一時期バンバン仕事をくれる会社でした。支払いも全然問題なかったのですが、ある時から、支払いが徐々に遅れるようになりました。でも仕事はバンバン来るんですよ。もう10年以上前で若かったので、気が付きませんでしたが、それは倒産の兆候ですね、間違いなく。とにかく仕入れて売って、運転資金を確保する。で、支払いしない。まさに典型。

ある日、一通のファックスが・・・。あれは血の気が引きました。初めての経験でした。回収なんて出来るわけなく。。悔しい経験です。

ただ、その方、その後、復活しました。ビックリしました。で、、通常の支払い以外に、前の倒産した会社の残金を支払いしたいと、、で、本当に支払ってきたんです。帳簿上、会社が違うので倒産した会社の分は貸し倒れでしたが、実質、うちは貸し倒れが解消した形になりました。

その方とは最近お付き合いがないので、どうしているか分かりませんが、そんな方もいらっしゃたと思い出しました。すごく印象に残っています。元気でやってるのかな?

一見調子が良さそうと見えても、会社の実情は分からないものです。銘板業は大きなお金が動く業界ではありませんので、リスクはあまり高いとは言えませんが、貸し倒れリスクは無くなることはありません。ネットで色々なお客様からご注文頂きますが、一件一件与信管理は出来ません。防御策は前金でお支払い頂くしかありません。ただ、取引が継続すると掛け売りになりますので、毎回前金というわけにいきません。

私が師匠として仰ぐ先輩社長の話では、景気があまり良くないときの大きな仕事には気を付けろ!です。理由があって他社に断られた仕事がグルグル回っている可能性があるからです。ここ数年は統計でみても倒産件数は減っていますが、今後はどうなるか分かりません。慎重に仕事を取っていかなくてはと、気が引き締まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です