カテゴリー

新型肺炎の影響が出てきた?

コロナウィルス、新型肺炎の、製造業への影響が徐々に出てきましたね。

ニュースでは自動車メーカーの中国の工場の稼働再開が延期になったとあります。ニュースにはなりませんが、やはり中国から部材が入ってこないので稼働できないお客さんの工場もあるようです。今日2020/2/7現在、お客さんは情報を取集しているところが多いようです。

先に言っておきますが、当社は材料・外注先、すべて国内ですので、直接的な影響はありません!!

というか、逆に影響を受けたお客さんからの発注が止まるかどうか?が心配で仕方ありません!中国からの部材の調達が遅れても、国内の業者への発注が現状維持であれば、当社は影響を受けません。なので、今後の状況を注視します。

この騒動が始まったのは今年の1月ですが、そもそも1月は受注が少ない月です。先月の受注状況見ても、前年比から落ちましたが、前年がバブルだったことを考えるとごく普通でした。2月に入ってからあまりぱっとしませんが、これが景気全体の影響か?それともこの騒動の影響か?もしくは、当社の努力が足りないのか?要因は分からないのが本音です。ただ、色々な人の話をまとめると、全体的に仕事が動いていないことに加え、この騒動でお客さんの工場の稼働が止まって顕著に受注も減っているところもあると聞きました。

今回の騒動のようなどうにもならない外部要因、過去を思い出しました。一つは2011年の震災、もう一つは昨年2019年の台風。

2011年の震災の時の数字を見てみると、地震が起きた3月は売上がガクッと減っています。20%くらいですかね。あの当時、物流はストップ、停電はあるし、正直、半分パニックでしたし、社員も会社に来られないこともありました。翌月には若干戻りましたが5月にまた減って、6月以降、徐々に回復基調に入りました。知り合いの会社の中では、震災後のイベント自粛で、かなり厳しい年になったところもありました。当社に限って言えば、一時的な影響はありましたが、実は少しアップしました

直近、2019年の台風の時、実は受注が増えました。当社は銘板やプレートを取り扱っているので、壊れた家屋の修繕用であったり、被災したお客さんからの再注文だったり、一時的にどうして?と思った記憶があります。それが台風からの復活のためのお仕事だったと後から分かったわけです。知り合いの会社の中には台風で仕事が相当減った会社もあります。お客さんではなく1次下請けのサプライヤーが被災してある部品の供給が止まったため、全体の仕事が止まったと聞いています。

今回はどうなるか?影響がないのが理想ですが、結果はこの先わかります。日々状況は変わります。ウィルスというのは初めての経験ですから、どうなるかさっぱり分からない。今後の経験のために、注意深く様子を見ていくことにします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です